加齢とともに体内生成能力や体内量が急激に低下する物質

1,「コエンザイムQ 1 0
キューテン

※ 20 才頃から低下しはじめ、40 才を過ぎた頃からは、体内生
成能力が急低下!
コエンザイムQ10( キューテン) は、人間が生きていくた
めに必要なエネルギー( アデノシン3 リン酸・ATP )を生み出
すのに欠かせない栄養素で、「筋肉を動かす」「呼吸をする」
「心臓を動かす」などの生命維持に必要なエネルギーATP を
生みだします。
また、体を細胞レベルで活性化する働きを持つため、美容に
も良いということで、美容医学からも注目されています。
コエンザイムQ10 は、体力の低下を防ぐので、摂っていた
だきたい栄養素です。
青魚や牛肉などさまざまな食品に含まれていますが、必要量
を摂取するためには青魚や牛肉などをたくさん食べないとい

けません。
ですが、毎日大量に食べるのは難しいですので、そんなとき
は、サプリメントでコエンザイムQ10 を補給するよう心がけ
ましょう。
40 才を過ぎると、「コエンザイムQ10」の体内生成能力
が急低下するので、抗酸化作用があり、「生活習慣病」や「肌
のダメージ」などに良い「コエンザイムQ10」を摂ることが、
老化防止にも役立ちます。

 

この「コエンザイムQ1 0」や「ミネラル類」「不飽和脂肪酸」「ア
ミノ酸」「その他多数の栄養素」が入っていて、その他にも食物繊
維と似た独自成分「パラミロン」を1 5〜 2 5% も含んでいる、健康
と美容を力強く後押しする貴重なサプリメントをご紹介します。
これは世界で初めて東京大学内( 株) ユーグレナが開発した「ミ
ドリムシのちから」で、メディアも大注目しているサプリメントな
のです。
また、大阪府立大学の中野長久名誉教授は、「パラミロンは、抗
ウイルス、抗アレルギー効果もあり、ガン抑制やアトピー性皮膚炎
の解消にも役立つことが期待できそうだ」とコメントされています。
( 平成2 2 年4 月2 8 日掲載毎日新聞より引用)
私たちも「ミドリムシのちから」は長く愛飲していて、効果を実
感してますので自信を持ってお勧めします。
「ミドリムシのちから」はここをクリックして「開運癒しショップコ
スモブライト」のサプリのページでご購入いただけます。
※ ミドリムシのちからは「会員割引」がありませんが、それ以外の商品

はすべて会員割引がありますので、会員登録をされますことをお勧め
します。

2 , 「グルコサミン」

※ グルコサミンは生まれたときからどんどん減っていきます。
赤ちゃんのときのグルコサミンの生成力を「1 0 0 」とすると、
2 0 才で半分の「5 0 」になり、5 0 代になると、5 分の1 の「2
0 〜 1 0 」程度にまで減ってしまいます。
グルコサミンは軟骨を作るのに必要な「コンドロイチン」や、
肌を潤わせる「ヒアルロン酸」を作る大元なのでグルコサミンが
減少すると、「ヒアルロン酸」や「コンドロイチン」の量も減っ
てしまうのです。
骨と骨の間のクッションの役割をする軟骨を形成しているの
が「コンドロイチン」です。
そして、お肌の潤い成分を貯め込む役割をしているのが「ヒア
ルロン酸」ですが、この2 つの成分を生成しているのがグルコサ
ミンなのです。
加齢や外傷などでダメージを受けた軟骨や皮膚を、グルコサミ
ンを摂取することで、再生したり、修復してくれたりするのです。
ですからグルコサミンが減少すると、「膝」「腕」「肩」「腰」

「足」などの関節のある部分に支障が出てきてしまいます。
グルコサミンの生成が減少して、軟骨が不足すると関節痛が起
こったり、保水力が低下して皮膚がしわになったり、乾燥肌にな
ったりしてしまうのです。
また、グルコサミンは、心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化などの予
防にも役立つのです。
グルコサミンは、甲殻類の殻を構成しているキチン質というも
のですが、キチン質はそのまま摂取しても体に吸収されませんの
で、グルコサミンのサプリメントはキチン質を分解して体に吸収
しやすく加工されたものを選んでください。

 

加齢や過労や運動のしすぎなどで、関節やお肌の老化どんどん
進行していってしまいますので、グルコサミンを体外から補給す
ることはとても重要です。
ですが、グルコサミンを摂ろうとして、蟹の甲羅を食べても、
体にはあまり吸収されませんので、食事から摂取しようとするの
はとても難しいのです。
そういうわけで、サプリメントで補充すると便利なのです。

3 , 「コンドロイチン」

※ コンドロイチンは加齢とともに減少します。
コンドロイチンは、20 才を過ぎたあたりからじょじょに減
っていき、4 0 才台では、ほとんど生産が止まってしまいます。
また、コンドロイチンが不足すると新陳代謝が低下するため、
老化も早まってしまい、軟骨の弾力性や保水性も減ってしまう
ので、関節痛も発症しやすくなってしまうのです。
★ コンドロイチン不足は肌年齢にも影響します。
新陳代謝が低下してくれば、当然のことながら、皮膚にも影
響を与えます。
巷では「2 5 才はお肌の曲がり角」と言いますが、実はこの
くらいの年齢から「コンドロイチン」が少なくなってくるから
なのです。
★ 体の「コンドロイチン」が不足していないかチェックする
方法!
体が思うように動かなくなったと感じている方はいません
か?

そんな方は、耳の軟骨( 外耳) を触ってみてください。
硬くなっていたらあなたのコンドロイチンは不足しています。
また、体は思うようにさっさと動かせるという人でも、耳の
軟骨( 外耳) が硬くなっていたら注意が必要です。

4 , 「カルシウム」

※ 日本人のカルシウムは不足しています。
1 日に必要なカルシウム摂取量は600 r なのですが、日本
人の平均的な量は52 8 r で、その88% にしかならないので、
ほとんどの日本人は「カルシウム不足」の状態と言えます。
カルシウムの働きは、一般的に考える骨や歯を丈夫にしたり、
作ったりするだけではないのです。
カルシウムは、「筋肉の収縮・弛緩」「神経細胞間の情報伝
達物質」「ホルモンの分泌」から「肝臓強化」「精神の安定」
の作用などもあり、体内の細胞のすべてに影響を与えている重
要な栄養素なのです。
また、カルシウムは、高齢者の方には特に心配な「骨粗鬆症
こつそしょうしょう

骨折・寝たきり」の予防に大きく期待できるのです。
カルシウムは必須ミネラルの1 つで、骨に9 9 % 、血液と細
胞の中に1 % が存在しているので、私たちはカルシウムなしで

は生きてはいけないとも言えます。
そして現代病のほとんどがカルシウム不足と深く関係して
いるのです。
カルシウムは野菜や海藻から摂るのが理想的なのですが、日
本は火山国のため、土地に含まれるカルシウム量も少なく、そ
の土壌から育つ野菜に含まれるカルシウム量も少ないのです。
また、現代では、「食生活の欧米化」「さまざまな食品添加物」
「ビタミンD 不足」「運動不足」などでカルシウム不足になり
やすいのです。

5 , 「ビタミンD」

※ ビタミンD は太陽の紫外線を浴びると体内で作られます。
ビタミンD は、カルシウムやビタミンA の吸収を助けてくれ
るので、「カルシウム」や「ビタミンA」を体に有効に活かすた
めには、「ビタミンD」を一緒に摂ることが必要なのです。
また、太陽に当たると、ビタミンD が作られるのですが、ビ
タミンD を作るために、太陽光線を長時間浴びる必要はないの
です。
逆に、シミの原因になったり、皮膚がんの原因になったりしま
すので、太陽光線を浴びすぎないように注意が必要です。
ビタミンD を多めにとってほしいときがあるのですが、それ
は、「骨粗鬆症」を防ぎたいときや、「丈夫な歯」をつくりたいと
きです。
他にも、「夜間勤務」が続き日光を浴びる機会がないときや、
ひどく日焼けしているとき( 皮膚でビタミンD ができにくくな
ります) などに、カルシウムと一緒に摂取しましょう。
ビタミンD には骨を丈夫にするだけでなく、「うつ病予防」「が

ん予防」「カゼ・インフルエンザ」などの感染症の予防、また食
物からビタミンD 以外のビタミンを腸で吸収する助けにもなり
ます。
そして、なんとダイエットの作用まであるというから驚きです。
ですが、ビタミンD は体に蓄積するため、多く摂りすぎると
「吐き気や下痢、体重の減少、腎臓の障害やカルシウムの沈着」
が起こりますので、摂り過ぎには注意してください。
ビタミンD の1 日の適切な摂取量は、秋刀魚
さんま
なら約1 / 5 尾、

まぐろ
の刺身では2、3 切れくらいが良いでしょう。
また、ビタミンD が不足すると、「高血圧、歯周病、結核、
多発性硬化症、癌、冬季うつ病、末梢動脈疾患、自己免疫疾患」
などの病を引き起こしやすくなります。

6 , 「葉酸

赤血球の寿命は約120 日で、脾臓で分解されて、骨髄で造
られているのですが、正常な赤血球を維時するためには、葉酸
が必要なのです。
その葉酸が不足してくると、「貧血」になったり、「口内炎
や舌炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、また食欲不振や下痢の原因」
にもなります。
また、「血栓」や「動脈硬化」、「狭心症」や「心筋梗塞」、
そして「脳卒中」の発症リスクも高まるのです。
この他にも、葉酸は「がん」の前段階から「がん」への移行
を防いで、「大腸がん」や「喉頭がん」などの予防作用もある
ので、葉酸が不足すると、「発がん」のリスクも高まるのです。

7 , 「コラーゲン」

体の約20% はたんぱく質でできており、その約3 分の1 が
コラーゲンで作られています。
コラーゲンは、「皮膚」「血管」「骨」「軟骨」など、体を形作
るたんぱく質の一種で、「肌のハリ」や「柔軟性」はコラーゲ
ンによって保たれているのです。
コラーゲンは、皮膚の深層部である真皮
しんぴ
の約70〜 80% を占
めているのですが、高齢化にともなって減っていきます。
コラーゲンが減ると、コラーゲンで支えられていた優れた保
水性を持つ「ヒアルロン酸」も一緒に減少してしまい、50 才
代以降では急激に減っていくため、皮膚の「しわ」「たるみ」
の原因となってしまうのです。
そして、コラーゲンの生成能力も20 才代に比べると50 才
〜 60 才代では約30% 以下に減少してしまうので、食事やサ
プリで外からうまく摂ることが大切になってきます。

8 , 「エラスチン」

エラスチンは強力な弾力性をもっていて、コラーゲンを支え
たり、肌の柔軟性や弾力性を維持したり、ハリを与える働きも
あります。
皮膚の奥深くの真皮や靱帯や血管組織などの柔軟性が必要
な器官にあって、「コラーゲン」とほとんど同じ場所に存在し
ています。
そのため、エラスチンが不足するとコラーゲンの弾力性も衰
えてしまうので、皮膚に柔軟性がなくなり、皮膚が垂れ下がっ
てしまう原因になります。
また、エラスチンは加齢と共に減っていきます。
コラーゲンやエラスチンを作る能力は、2 0 才前後をピーク
にしてじょじょに減っていき、4 0 才を過ぎたら20 才のころ
と比べて、約半分までに低下してしまいます。
そして、特に女性は、ホルモンが減少する閉経後に、肌の老
化が加速していってしまいます。
また、コラーゲンやエラスチンは、ストレスや紫外線によっ

ても影響を受けます。
特に紫外線の「UV-A」は、コラーゲンやエラスチンを変性
させ皮膚の老化を加速させますので、日光浴のしすぎや、過度
のストレスには、十分ご注意ください。
エラスチンを含む食品としては、「軟骨、手羽先、牛すじ、
煮魚」などがありますが、食べる機会が少ないときには、サプ
リで補充されることをお勧めします。

9 , 「ヒアルロン酸」

皮膚の潤いやハリは、「コラーゲン・ヒアルロン酸・エラス
チン」によって保たれています。
特に「ヒアルロン酸」は1 g で6 リットルと、保水力がとて
も高く、目や肌の潤いを保ったり、関節の潤滑油としてなめら
かな動きを保ったりしています。
そして、ヒアルロン酸は、「ドライアイの予防や治療」の点
眼薬としても利用されているのです。
「うなぎ、すっぽん、ふかひれ、魚の目、豚足」などには、
ヒアルロン酸が多く含まれていて、「ドライアイ・乾燥肌・肌
荒れ・関節炎・関節痛」の症状を改善するのに、絶対に欠かせ
ない栄養素なのです。
ですが、あまり摂れなかったときには、サプリで補うことも
大切です。

 

1 0, 「セラミド」

セラミドは、皮膚から水分が蒸発するのを防止したり、皮膚
の保湿機能を良くしたりする働きがあります。
また、バリア機能として、外部からくる皮膚への刺激や、細
菌の進入を防ぐ働きもあります。
そして、セラミドは健康でみずみずしいうるおいのある皮膚
を保つ働きをします。
セラミドは、肌のトラブルを防ぐ作用があり、ドライスキン
( 乾燥肌)を改善してしわを防いだり、メラニンの合成を抑え
て、シミを予防したりします。

 

1 1,「シトルリン( L-シトルリン) 」

 

シトルリンはアミノ酸の一種で、「疲労回復・精力増進・筋
肉増強」その他さまざまな効果効能が期待できる栄養素です。
シトルリンは医薬品として認可されていて、日本では「コエ
ンザイムQ 1 0 」「L カルニチン」「α
あるふぁ
− リポ酸」の次に、厚
生労働省に、サプリメントや食品として使用することが認めら
れた4 つ目の成分なのです。
シトルリンは、血管を広げて、血液の循環をスムーズに流れ
させる効果があります。
また、血管を若返らせて「動脈硬化や脳梗塞」などを予防し
ます。
体の細部にまで「酸素や栄養」を届けてくれるので、「新陳
代謝の活性化」「筋力強化」「冷え性改善」「美肌」「くすみ」「む
くみ」「体質改善」などたくさんの効果が期待できるのです。
また、シトルリンは、「デトックス( 毒素排泄)」と「アンチ

エイジング( 若返り)」作用にも優れているのです。
そのシトルリンが最も多く含まれている食品は「スイカ」な
のですが、1 日に摂取が推奨される800m g の量をスイカで摂
るろうとしたら、約「1/7 個」食べるだけでOK なので、夏
にはスイカを食べることをお勧めします。

 

1 2,「αアルファリポ酸」

 

α リポ酸は、体を生成する約6 0 兆個もの細胞の中に存在して
いて、生命活動に必要なエネルギーをつくり出すためには、絶対
に必要不可欠な成分なのです。
α リポ酸は、活性酸素から細胞を守ってくれたり、疲労感や肌
の衰えなどの老化現象を軽減させてくれるので、健康で若々しい
体と肌を保ちます。
活性酸素は「ストレス・紫外線・喫煙」などで増えるのですが、
中でも現代社会での大敵である「ストレス」によって発生する活
性酸素の量というのは非常に多いのです。
このストレス社会に生きる現代人は、活性酸素によるダメージ
を多く受けてしまうので、α リポ酸はそんな方の味方になります。
α リポ酸は、加齢とともに体内で作られる量が減っていくので
すが、そうすると、疲れやすくなったり、病気を引き起こしやす
くなるため、十分なα リポ酸を摂取しなくてはいけないのです。
α リポ酸の健康への効果としては、「疲労回復」「皮膚の若さ
の維持」「活性酸素を取り除く」「糖尿病予防」などがあります。

ですが、α リポ酸の最もすごい点は「抗酸化ネットワークの要」
として働らくことなのです。
α リポ酸は、なんと、「ビタミンC」や「ビタミンE」の約4 0 0
倍の抗酸化力を持ち、「ビタミンC・ビタミンE・コエンザイム
Q1 0」などが、活性酸素と戦って抗酸化力を失ってしまったと
きには、その力を回復させる働きまで持っているのです。
α リポ酸が多く含まれている食品は「にんじん・ホウレンソ
ウ・ブロッコリー・トマト・レバー」などですが、量が足りず効
率良く補うために、サプリメントを利用することをお勧めします。
「α リポ酸」は、2 0 0 4 年3 月までは医薬品でしたが、それ
以降に法が改正され、「サプリメント」に配合できるようになり
ました。

 

13 ,「ビタミンC」

 

ビタミンC は、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンと言
うたんぱく質をつくるのに必要不可欠です。
また、美白効果があるため、美容のためのビタミンとしても
有名です。
ビタミンC は、皮膚や粘膜の健康維持に役立ち、また病気
やストレスへの抵抗力を高め、鉄分の吸収を良くしたり、「抗
酸化作用」もあることから「動脈硬化」や「心疾患」への予防
が期待されます。
また、ビタミンC は、食事で摂取した「たんぱく質のアミ
ノ酸」と、「漬け物」や「くん製」に含まれる「亜硝酸塩」が
胃の中で結合して、発がん性物質の「ニトロソアミン」に変わ
るのを抑制する働きがあるので、がん予防にも良いのです。
そして、ビタミンC は「疲労・睡眠不足・寒さ・暑さ・心
痛・苦痛」などのストレスの多い方や「たばこを吸う人」には
絶対不可欠なビタミンなのです。
ビタミンC を多く含む食品は、「果物類( イチゴや柑橘類)」

「野菜( ピーマンの特に赤や黄のもの、ブロッコリー、カリフ
ラワー、キャベツ) 」「いも類」などです。
ビタミンC が欠乏すると、細菌に対する抵抗力が下がって
くるので、寒さにも弱くなり、「風邪」などの病気にかかりや
すくなります。
そして、ビタミンC の不足が長く続くと、骨の発育が不十
分になったり、歯ぐきや体のいろいろな所で出血したり、血管
や関節が弱くなったり、痛んだりする壊血病
かいけつびょう
になります。
また、ビタミンC を「食べ物」から過剰に摂取したとしても、
必要のないビタミンC は尿として体から外に出されるので、

 

体に有害と言うことはなく、普通の食事をしていれば過剰症の
心配はないのです。
ですが、「薬」や「サプリメント」などでのビタミンC の
過剰摂取は、「吐き気、腹痛、下痢」などの報告があるのです。
そして、腎機能に問題がある人は「腎臓結石」などのリスク
が高まりますので、「薬」や「サプリメント」のビタミンC
の摂り過ぎには注意してください。
まとめてみますと、ビタミンC 不足では「歯茎の出血、皮
下出血、肌荒れ、肌のシミやくすみ、ケガの治りの遅れ、疲労
感、免疫力低下、動脈硬化、心疾患」などが起こりやすくなり
ます。
また、「薬」「サプリメント」のビタミンC の過剰摂取で
は、「腹痛、下痢、頻尿、腎臓結石」などになります。